低用量ピルの使用方法、不安解消

皆さんはピルに対してどのようなイメージをお持ちですか?ホルモン剤は心配で、太るのではないでしょうか?それに日本人のピル服用率は他の諸国に比べて極めて低くそうです。ピルには避妊効果の他にもいろいろな効用があり、副作用は皆さんが思っているほど多くありません。適応を守ればとても安全できる薬です。

では、低用量ピルってなんでしょうか?妊娠中の女性は排卵がありません。そのため、卵胞から分泌される女性ホルモンがあり、ピルには、女性の卵胞から作られる卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。避妊ピルを微量に飲むと妊娠を防いだり、生理に伴う様々なトラブルを解消することができます。

もし、避妊のためなら、ぜひ毎日忘れずに飲むことにしましょう。忘れないように、パートナーに毎日確認してもらっている人もいます。毎日一定の時間で内服するため、日常必ず行う習慣と一緒にしておけば良いでしょう。たまに、1日飲み忘れる程度であれば、あまり問題になりませんが、2~3日に一回は飲み忘れそうという方は、ピル以外の方法でしっかり避妊してください!

低用量ピルはいつから飲めるの?
ピル開始日には2通りあります。月経初日から服用して、飲みはじめた日から避妊できます。また、月経がはじまった後の最初の日曜日から服用して、次の月経から週末に月経がはじまることがありません。飲みはじめの7日間は他の避妊法を併用して下さい。

ピルの飲み方と種類
21錠タイプ:1錠ずつ決まった時間に順番通り21日間飲みます。1シート飲み終わったら7日間休み、8日目から新しいシートを同じように飲みはじめます。
28錠タイプ:1錠ずつ決まった時間に順番通り28日間飲みます。1シート飲み終わったら翌日から新しいシートを飲みはじめます。

どちらもホルモンの入っている錠剤を飲み終えて2~5日後に月経がはじまります精力剤。次のシートの飲みはじめはいつ月経が始まったかに関係なく決められた通りに飲んでください。

ピルではエイズやクラミジアなど性感染症を予防することはできません。コンドームを使いましょう。ピル服用中は、血圧やガン検診など定期的に検査を受けましょう。ピルを飲むには医師の処方が必要です。

バイアクラ>バイアクラの効果が出るには、正しく飲まなければいけません。全然効かなかったという人の8割は飲み方に失敗しています。正しく飲めば、一時間くらいで硬くならない人や直ぐに萎えてしまう人のペニスが、驚くほど硬くなり、そのバイアクラの効果は5~6時間持続します。