低用量ピルは何種類がありますか?

ピルはもともと錠剤という意味ですが、the pillで経口避妊薬を指します。ピルは、妊娠成立時に体内で分泌される女性ホルモンが入っている薬です。薬に含まれているホルモン量は本当の妊娠時の1/20以下程度ですが、体のホルモンバランスが妊娠している状態に近くなるため、排卵が抑制され、結果的に高い確率で避妊することができます。その他にも着床を抑制する作用や、子宮内に精子が 流入するのを防ぐ作用があるため、それによっても避妊効果が確認されてます。低用量ピル種類について解説してみたいと思います。
第1世代低用量ピル
第1世代は、黄体ホルモン量が多めになる傾向がありますが、アンドロゲン作用が少ない事からアメリカでは第1世代低用量ピルが主流となっているようです。アンドロゲン作用というのは、簡単に言うと男性化する症状の事です。
第2世代低用量ピル
卵胞ホルモンを50μg未満に抑え、新しい黄体ホルモンを使い製薬されているのが第2世代低用量ピルです。第2世代はアンドロゲン作用を非常に少なくしており、避妊効果も抜群に良くなった低用量ピルです。
第3世代低用量ピル
卵胞ホルモンを50μg未満に抑え、さらに新しい黄体ホルモンを使い製薬されているのが第3世代低用量ピルです。第3世代は、第2世代の避妊効果をそのままにアンドロゲン作用をほぼ防いでくれる低用量ピルです。最も副作用の少ない低用量ピルとして世界中で普及しています。血栓症を引き起こす可能性が第2世代よりも多いのではと指摘されていましたが、第2世代と第3世代の間で差は無いことが証明されています。

シアリス>シアリスの有効成分は『タダラフィル』です。タダラフィルの効果によって、陰茎内に一時的に血液の流入が増すため、勃起を促すことが出来るのです。シアリスのことを”新しいED治療薬”と呼ぶクリニックも多く存在します。