避妊ピルの作用

1973年に開発されました卵胞ホルモン含有量が50μg未満の低用量経口避妊薬が確実な避妊効果が続くことができます。その後、黄体ホルモン剤の開発および低用量化がはかられ、有効性を維持しつつ安全性はさらに向上しました。現在においては、安全性の高い経口避妊薬として副作用があまりないから、安心して服用できるようになりました。

しかし、避妊ピルを服用した後、避妊成功率に驚く同時に、避妊以外の副効用を発見しました。喜ばしい効果ですね!

生理周期を安定させた効果
避妊薬を服用してから、生理周期が28日程度で安定しています。仕事や旅行の予定が立てやすくなりました。これはピルの最も得意な効き目です。

生理痛や月経前症候群の改善
痛みをとるだけの鎮痛剤とは違って、ピルは生理痛に対する根本的な治療と言えます。
鎮痛剤の併用も可能ですし鎮痛剤の使用量が減ります。

にきびや吹き出物が減ること
肌の状態には女性ホルモンが大きく関係します。避妊ピルは女性のホルモンの分泌を改善するから、にきびや吹き出物が減ることできるようになります。

卵巣がんや子宮体がんの減少
ピルの服用により排卵が抑制されることが関係します。研究によると、避妊ピルの服用によって、卵巣がんや子宮体がんが減少できます。